国によって違う
高速鉄道に対する考え方

中国と日本の違い

中国といえば、高速鉄道に関して高いレベルを誇っている国のひとつです。各国でいろいろな問題も起きていますが、安価で高い性能を得られていることは間違いありません。日本では実施されていないセキュリティチェックもしっかりとおこなっており、安全性を確保しているのは確かでしょう。

実名で切符を購入することも中国では当たり前におこなわれていることで、身分証番号も必要になってきます。システム的にはいろいろと完成されていることが多くありますが、車体の性能といった部分では、かなりの不満が出てきているとも言われています。

日本の高速鉄道である新幹線と比較した場合、新幹線にはとにかく臭いがないというのが評価になってくるでしょう。飲食のにおいがすることはほとんどありませんが、中国の高速鉄道では臭いがある方が一般的であり、とにかく不快だというのが評価です。

さらに、携帯電話を使って話す声などが渦巻き、安心して座っていることができないというのも大きな違いとなってくるでしょう。システムはできあがっても、マナー的な部分に大きな問題があったりするのです。システムにも影響はしていますが、日本人としてのマナーの部分が、他国にはないセキュリティの一部にもなっているといえます。